Okkyスノースクール

Okkyスノースクール

野麦峠スキー場にて活動しているスキー、ボードスクールです。

通常通り開く

27/11/2023

皆さん、こんにちは!

11月も終盤に入りました。

野麦のオープンまでひと月を切り約9か月ぶりにあの斜面を滑れると思うとわくわくしてきますね。

そのシーズンイン前に備えてみなさに二つお知らせです。

一つ目

今シーズンの野麦のシーズンパスの早期割引期間が今月末の11月30日で終了します。

http://gakutoresort.jp/wordpress/wp-content/themes/nomugi_theme/pdf/23hayawari.pdf

全国的にリフト券の値上げラッシュとなっていますが野麦は今だに2万円台と驚きの低価格となっています。

あっ!買い忘れていた!という方は残り数日なので急いでお申し込みください!

2点目

シーズンインに向けて必要なこととして道具の準備があります。

いざシーズンインだと道具を調べてみると以前の利用後に保管したままでいざ出してみると利用しにくかったりすることがあります。

今シーズンのスキーやボードを予定している方は事前に道具類や衣類を事前にチェックすることをお勧めします。

幸いと言いますか、オッキーは野麦でのスクール活動までは名古屋の笠寺にあるスキーショップで勤務しています。

スキーがメインのお店になりますが道具類で質問などあれば遠慮なくお問い合わせください。

お店のHPのアドレスです。

https://www.ams-doing.com/

HPからの質問も受け付けていますし、来店予約もできますのでこちらからお問い合わせでも大丈夫です!

さぁ、今シーズンのスタートを準備万端で迎えましょう!

オッキー

gakutoresort.jp

12/11/2023

やっと気温が冷えだしてウィンターシーズンが近づいてきたのが感じられますね。

今シーズンも野麦峠スキー場をベースにレッスン活動を行います。

レッスン予約はすでに受け付けていますので、ご希望などありましたら遠慮なくお問い合わせください。

予約などはこちらのページの予約ボタン、直接メッセージなどでお受けしております。
https://www.facebook.com/okkysnowschool/

なおレッスン費用はスキー道具類なので価格上昇のため値上げしております。

ご理解をお願いいたします。

オッキー

Okkyスノースクール 野麦峠スキー場にて活動しているスキー、ボードスクールです。

愛知県名古屋市 / オールマウンテンスポーツDoing 06/09/2023

私はオフシーズン中お仕事しているスキーショップのDoingのHPがリニューアルされました!

今後、予約リクエストなどもできるように発展していくようなので商品ページだけでなく要チェックですね!

オッキー

愛知県名古屋市 / オールマウンテンスポーツDoing オールマウンテンスポーツDoingは、四季を通じて『山の遊び』を提案する、オールマウンテンスポーツショップです。スキー用品、トレイルランニング用品、トレッキング用品等を、店舗とインターネットで販売しています....

06/09/2023

今シーズンの野麦峠スキー場のシーズンパスの販売が始まりました!

http://gakutoresort.jp/wordpress/wp-content/themes/nomugi_theme/pdf/23hayawari.pdf

今年もまだまだ低価格でコストパフォーマンスが高いシーズンパスです!

コースバリエーションは少ないですが、高速リフト2本のおかげで標高差約700mを15分ほどで稼げます。

また標高が高いおかげで雪質もかなり高品質!

斜面構成も中斜面から急斜面が多くて中級者以上でしっかりと滑りたい人にとってはおすすめですよー!

オッキー

Photos from オールマウンテンスポーツDoing(スキー、トレイルランニング、トレッキング用品販売)'s post 13/06/2023

オフシーズン中に私が勤務しているスポーツショップDoingでは現在、早期予約会を開催しています。

シーズン中にマテリアル関連でいろいろお話させていただいた方も多いかと思いますが、実店舗であればより詳しくお話しできます。

このお店”Doing”は名古屋市JR笠寺駅から徒歩5分ほどの場所にあります。

早期予約会は現在開催中で7月末までを予定しています。

土日:11:00~19:00 通常営業
月 :12:00~19:00 通常営業
火、水 :定休日
木、金 :予約営業

この間、6月22日から7月12日までは私は不在となりますが、それ以外の通常営業日はお店にいます。

また、不在期間以外の予約営業日でも事前に連絡をいただければ私もお店に出勤しますので遠慮なく連絡ください。

オッキー

Photos from フェロートラベル's post 05/04/2023

8月、日本の暑い夏から逃げ出して真冬のNZでスキーを楽しみませんか?

今回も私が現地ガイドを担当する予定になっています。

興味がある方は遠慮なくお問い合わせください!

オッキー

Photos from Okkyスノースクール's post 28/03/2023

3月26日で今シーズンの野麦峠スキー場のレッスン活動が終了しました。

今シーズンは野麦を離れる時間も多く約100日の営業期間中、80日程度の活動となりましたが、約70レッスン程の申し込みをいただきました。

受講いただいた皆様、本当にありがとうございました。

またプライベートを基本としたレッスンのためご要望に沿えずお断りすることもたびたびありご迷惑をおかけしました。

ここ数年は今シーズンのように心地よい忙しさでシーズンを過ごさせてもらっています。

この忙しさも昨日スキー場受付の片づけが終了しひと段落となりました。

また来シーズンも皆さんによりスキーの楽しさをお伝えできるようにこのオフシーズンを充実した充電期間としたいと思います!

野麦での活動は終了となりますが、まだ乗鞍BCスキーなどでの雪上活動は続けていきますし、名古屋市南区のスキーショップ"Doing" ( https://www.ams-doing.com/ ) で働いていますので興味がある方は遠慮なくお問い合わせください。

それでは、皆さんありがとうございました!

オッキー

27/03/2023

昨日で今シーズンの野麦峠スキー場の営業が終了となりました。

最終土日は残念ながらどちも山頂も雨となりましたが、おかげさまで二日間ともレッスンの申し込みをいただいていました。

土曜日は当スクール初受講のTさんの1日スノーボードレッスンでした。

以前の電話対応の時のことを覚えていていただき今回のレッスン申し込みとなったとのことでした。

レッスン日までもメールなどでやり取りを繰り返していたのですが、天候が雨ということもありまずはインドアで少し質疑応答をし技術的にどんな感じで滑っているのかを確認させてもらいました。

そしてリフトに乗って山頂まで向かうのですがスノーボードはリフト下車の時、片足での滑走となり不安定感を感じる方が多いです。

そこでリフト下車時に前方の手をボードの進行方向の延長線上に向けて指さしてもらいました。

これで片足でもふらつきにくい直滑降ができるようになり、この方法でTさんも降りるときの安心感が向上したとのことでした。

その後ゲレンデでは基本となる木の葉のターンの確認からスタートしましたが、ボードの中に重心をキープし続けたまま角付けを調整する方法を紹介しました。

踵方向のバックサイドはボードの上にしゃがみ込むようにしながらつま先を上げる、フロントサイドは海老ぞりをするようにして踵を上げる。

これらでサイドスリップの安定感が一気に良くなりザクザクした春雪のゲレンデを安定した木の葉ターンで降りてこれるようになりました。

その後はボードをひねることでボードが自然とノーズドロップが始まる動きを紹介し木の葉ターンでの切り替えが一気にスムーズになりました。

ここまででターンに必要な動きがすべてそろったのでチャンピオンの上部の比較的斜度が緩いところでターンにチャレンジしてもらったのですが、いきなりスムーズなターンを披露してくれました。

その後はチャンピオン、ラビットの急斜面でも連続ターンができるようになり、各動きのフィードバックをお伝えしていきました。

そして1日レッスンの最後には雨が降ってザクザクになったゲレンデで軽快な小回りを披露していただけるまでになりました!

Tさんご自身も1日でここまで上達するとは思っていなかったとのことで充実した1日レッスンとなりました!

Tさん、レッスン受講ありがとうございました!

そして昨日の26日はOさん親子の午前PVでした。

Oさんと息子さんのK君は今シーズン6回目の受講でした。

K君がバッジテスト3級を合格したので、来シーズンに向けて2級合格を目指してのレッスンとなりました。

最初に滑りを確認するとK君がターン後半をすこし引っ張っているような感じでした。

それに対してお父さんのOさんは柔らかい雪の感触のおかげかターン後半で良い雪との会話ができていました。

そこで、まずはK君のターン後半の雪とのやり取りの感覚をつかんでもらうために樹海コースで低速での練習となりました。

まずはオレンジを絞ることでスキーが回り込んでくる感じを紹介しターン後半でもスキーを押し出さずに回ってくる感じをつかんでもらいました。

その後は切り替えの時に、その回りこんでくるスキーを体の真下まで引き込んでもらい、スキーを押し出すのではく、外力をいなすようにすることでもスキーが回ってくる感じをつかんでもらいました。

この感覚を樹海コースである程度、練習した後はパラレルでも同様の感覚で滑ってもらい荒れた春雪でもターン後半を引っ張ることなくターンできるようになりました。

ここである程度、ターンの基本ができてきたので、切り替え時にスキーが足元に入る込んでくることで重心が谷スキーにしっかりとのり山スキーがフリーになり山スキーが開きだしやすくなることを体感してもらいました。

これで2級種目のシュテムターンでポイントとなる山スキーの開きだしが安定してできるようになりました。

その後は、体の足元まで入り込んできたスキーをさらに次のターンの山側まで回り続けてもらい、パラレルのままシュテムターンで開きだしたスキーの位置までパラレルのまま移動することでターン前半から外力とやり取りができるターンとなりました。

これで2級種目の大回りの安定感もかなりアップしました。

そしてその後はターン後半にスキーが回りこんでくるときに少し外スキーのブーツの外側をのぞきに行くようにしてもらい、より早くスキーが体の下に入り込んでくるようにしてもらいました。

こうすることでターンの回転がより速くなりターンサイズが小回りとなっていきます。

春のザク雪だったので時折まだ中回り程度の大きさになるときはありましたが、自分でスキーを動かさずにターンサイズを小さくするコントロールができるようになりました。

そしてお父さんのOさんもターン後半で雪とのやり取りがラフになるときが出がちだったのですが、K君のレッスンを一緒に実施するうちにターン後半での雪とのやり取りが非常によくなり、結果としてダイナミックな上下動が現れだし春のザク雪で迫力ある大回りを披露していただけました。

Oさん、K君、今シーズンも多くのレッスン受講ありがとうございました!

オッキー

2023年3月27日(月)

おはようございます!

昨日で今シーズン営業が終了しました。

本日は少しスタートもゆっくりさせてもらいこの時間でのアップとなります。

今年は3月の気温が高く、ゲレンデの融雪が予想以上に早く最終週の下部ゲレンデはクローズとなってしまいました。

ただ今朝の写真を見ると立て水まではまだ滑れそうな雪の量が残っています。

また上部ゲレンデも昨日最後まで滑っていた方たちもおりまだまだ滑れる量の雪が残っていました。

最近の温暖化の傾向で雪解けが早くなりつつありますが、このような条件でも残雪の量で野麦の標高の高さを実感することができます。

来シーズンはまだどのような気候になるかはわかりませんが、長期的な傾向としてはこの野麦の標高の高さがより生きてくると思います。

この野麦の利点を生かして来シーズン以降もより皆さんに楽しんでいただけるスキー場を目指していきます!

その成果をお見せするまでさみしいですが約9か月ほど皆さんとお別れです。

今シーズンも多くの方に来場いただきありがとうございました!

オッキー

22/03/2023

今日は気温が高く春スキーの様相になりそうですね!

昨日は今シーズン5回目の受講となるOさんの1日PVでした。

前回のレッスンで良い感じをつかんだとのことで、シーズン最後のまとめをしたいとのことでレッスン申し込みでした。

まず滑りを拝見すると、ターン後半での雪面とのやり取りが少し単調になっている感じでした。

そのためターンサイズが少し大きめになりがちで、小さいサイズのターンが少し難しくなっていたようです。

Oさんは今シーズン、オレンジを外側に押し付けているのと、体重を預けて乗せているという感覚の違いがある程度スピードがあるターンでもわかるようになっていました。

そのため、前回のレッスンからオレンジに体重を預けながらも角付けを増やしていくということにチャレンジしたのですが、今回はこの角付けに意識が強くいってしまい、雪面とのやり取りがおろそかになっていたようです。

そこで、最近よく皆さんに紹介しているターン後半にスキーが体の下を通過する感覚を紹介しました。

今までもオレンジに体重を乗せてスキーが回り込んでくる感じはあったのですが、その回りこんでくるスキーを体の下までは引き込んでいませんでした。

ある程度までのレベルの方はターン後半にスキーを谷側に押し出して落下スピードを抑えるという動きをしがちで、ターン後半に外力が強くなってくるとスキーを強く踏み込む傾向があります。

なのでこの感覚がある方はターン後半にスキーが回りこんでくるのを体の下まで引き込むことは落下スピードが低下せずスピードが過多になってしまうと思いがちです。

実際、スキーを引き込むことでスキーの進行方向へのスピードは緩まず、感覚としては加速するように感じることもあります。

しかし引き込むことでスキーは進行方向を変えて谷方向ではなく横方向に進んでいきます。

斜度がきついところでもスキーが横方向を向いて進んでいるのであれば恐怖心を大きく低減します。

この感覚をまず緩斜面でプルークオレンジターンで感覚をつかんでもらいました。

この時点で落下していくときに雪面からの外力に抵抗するのではなく、外力をいなしていくようになるので操作感が非常に力感の少ないものとなります。

その後は、この回り込んできたスキーをさらに次のターンの前半となる山側まで送り出してもらいました。

ターン後半のスキーを足元に引き込むだけではターンサイズを小さくすることが少し難しく、そのためターン前半からスキーが抵抗をもらってターンを始める必要があります。

そのため回り込んできたスキーをそのままの勢いで次のターンの山側に送り出してあげることで次のターンの前半から外力をもらえるようになります。

この部分は、ターン後半にスキーを外側に押し出して落下スピードをコントロールしていると重心がターン内側に残ってしまうため、一気に重心を入れ替える必要があり非常にバランス維持が難しくなります。

しかしスキーが移動して重心が入れ替わるのであればスムーズに入れ替わりが起こりバランスの維持が容易になります。

そのため、ターン前半でスキーをゆっくりと送り出すことでスムーズな谷回りが現れます。

Oさんもレッスン前はターンサイズを小さくしようとするとどうしてもターン前半でスキーを少し回してしまう動きがありましたが、スキーが体の下を通過して山側まで移動することでスキーを回さなくても自然と外力をもらって回ってくれるようになりました。

また前半からスキーが回ってきてくれるようになったため、ターン後半でスキーを体の下に引き込むのがより容易になりました。

レッスン最後はかなり緩んだチャンピオンゲレンデをゲレンデの荒れ具合を感じさせないターンを披露していただけました!

今シーズンは5回と多くのレッスンを受講いただきましたが、Oさんにとって大きくステップアップしたシーズンだったと思います!

Oさん今シーズン、多くのレッスン受講ありがとうございました!

オッキー

2023年3月22日(水)

天候:晴 気温 5℃  8:00 センターハウス前

積雪:65 cm

おはようございます!

春の陽気が朝から漂っています。

上空は青空が広がり気持ちの良い朝です。

昨日の営業終了間際は予想外の降雪、降雨がありました。

上部コースは一時、視界が悪くなるほどの降雪となり積雪の上積みが期待されましたが、その後雨に変わってしまいました。

今日の天気は終日晴れで上部コースでもプラス10℃くらいに上がってきそうです。

しっかり滑ると汗ばむことが想定されるので服装などは薄手のタイプがおすす目です。

ベースから見た風景は、ゲレンデの雪が少しさみしくなってきましたが、上部コースはまだしっかりとあります。

残り今日を含めて5日となりました。

心残りないよう思いっきり楽しんで行ってください!

オッキー

21/03/2023

今日は祝日で少し多くの方が来場されそうですね。

上部はまだしっかりと雪があるので、皆さん楽しんでいただけそうです!

昨日は、第1フレームで4-5年ぶり(以上?)での受講となったSさんのレッスンでした。

久しぶりのレッスンということでリフト上でいろいろお話しながらスタートし上部のラビットコースで最初の滑りを確認させていただきました。

以前の受講時のオレンジターンを意識しているとのことでしたが、少しオレンジを押し出してのターンとなっていました。

そのためスキーのターン弧が若干大きくなりがちでした。

そこでプルークのオレンジターンでスキーの動きを確認してもらい、オレンジを絞る動きを確認してもらいました。

この動きでスキーがより入り込んでくる感じをつかんでもらい、その後ターン後半でスキーが体の下に入ってくるまでオレンジを絞り続けてもらいました。

ここまでの流れで、少し力んでいた感じの滑りがかなり軽いタッチでの滑りとなりました。

この滑りで少し感覚をつかんでもらい、慣れてきところで体の下に入り込んできたスキーをさらに次のターンの山側にまで送り出してもらうようにしました。

これでターンの早いタイミングからスキーが外力をもらえるようになり、早くからターンが始まるようになりました。

レッスンの終盤ではゲレンデの雪が緩んであれた下部ゲレンデでも軽いタッチのターンを披露していただきました。

以前のレッスンから少し長い時間が空きましたが、今回のレッスン中に”あっ、今感覚!”といっていただけたのがとても印象に残っています!

今回は久しぶりのレッスン受講ありがとうございました!

また次回ご一緒できる機会を楽しみにしています!

オッキー

2023年3月21日(祝、火)

天候:晴 気温 -0℃  8:00 センターハウス前

積雪:70 cm

おはようございます!

上空の高いところに霞のような雲が漂っていますが、強い日差しが差し込んでいます。

昨晩もあまり冷え込まなかったようでベース付近の雪もすでにザクザクした感じになっています。

天気予報では、曇となっておりこの後は徐々に雲の量が多くなってっ来ると思われます。

ゲレンデとしては、気温が上がりそうなので日の光が差し込まないほうが雪が緩まず良い天気といえそうです。

ファミリーの雪は薄くなってきましたが、まだ上部ゲレンデにはたっぷりと雪があります。

お昼付近からは雪が緩んで荒れた雪になりそうですが、変わりゆく雪質をお楽しみください!

オッキー

20/03/2023

ついに最終週となりましたが、コンディション、天気最高となりました!

昨日は今シーズン4回目の受講となるTご夫妻の1日PVでした。

前回のレッスンでお二人とも良い感触がつかめたので、その勢いでもうワンランクアップをということで受講でした。

前回のレッスンではお二人ともスキーにしっかりと回り込んできてもらえるようになり荒れた斜面でも安定して滑り降りてこれるようになりました。

まず、最初にお二人の動きを確認すると旦那さんのHisさんはターン後半で少しスキーを押し出しており、以前の良い感覚が少し薄れてきているようでした。

奥さんのHirさんはターンの後半でスキーはある程度回り込んできているのですが、そこから次のターンまで少し時間がかかっていました。

そこで今回はターンをもう少し小さいサイズにコントロールできるように、よりターン後半での動きをポイントとしたお話をしました。

ターン後半でスキーを押し込むとエッジがひっかかりスキーの回転力が少なくなります。

そのため、回りこんでくるスキーを押し出すのではなく引き込むようにすることで、本来スキーが回ろうとしている力をそのまま利用できます。

まずは低速のプルークのオレンジターンで体感してもらうのですが、通常のプルークボーゲンとは違い、切り替え時に外スキーが体の真下まで回り込んで山側の足が浮いてしまうくらいまで外スキーを引き込むようにします。

感覚としてはスキーが体に近づいてくるところでしっかりと引き込んだ感じになるのですが、山側の足が浮き上がるまで外スキーを体の下に引き込むところまですると上体が谷側に落ちてしまうように感じるのですが、ここまでスキーを足元に引き込んでもらいました。

まずは緩斜面で挑戦し、ラビットやチャンピオンの急斜面でもこの動きを確認してもらいました。

その後は、この回り込んできたスキーの勢いを利用して山側までスキーに登って行ってもらうのですが、スキーが体の下に入ってきた時点で外向を緩めてしまうためなかなかスキーが山側まで登っていきませんでした。

そのため、スキーが体の下入って時点で切り替えるのではなく、山側まで登ったところまで外向をキープして、山側で登りきったところで切り替えてもらうようにしてもらいました。

この動きでターンのかなり早いタイミングからスキーが回ってくれるようになりターン後半はほぼスキーを引き込むだけという力のやり取りになりました。

このおかげで午後のあれてコブ斜面のようになったゲレンデをまるで整地された斜面のようにお二人ともなめらかに滑り降りてきました。

今シーズンの受講は今日で終わりとなりそうでが、5月以降もまだBCスキーなどを楽しみ予定とのことで、今回の感覚を使って楽しんでくださいね!

レッスン受講ありがとうございました!

オッキー

2023年3月20日(月)

天候:快晴 気温 -4℃  8:00 センターハウス前

積雪:75 cm

おはようございます!

雲一つない青空が広がり気持ちの良い朝となりました!

昨日の日中は気温が上がりしっかりと積もったゲレンデの雪も荒れがちになりました。

しかし昨晩の冷え込みと圧雪により今日は野麦らしい締まったバーンに戻どっています。

天気予報では今日も日中は気温が上がりそうでお昼付近からは下部からゲレンデの雪は緩んできそうですが午前中であればこの良いコンディションを楽しめそうです!

早いもので今シーズンも今週で最後となりました。

まだしっかりとした量の雪が残っているので、皆さんの心残りないように楽しんで行ってください!

オッキー

18/03/2023

今日は大雪でゲレンデがトップシーズンのような景色に戻ってくれました!

昨日は第2フレームで常連のMさんに受講いただきました。

1月末にも受講いただいたのですが、今回はその時の成果がどうなっているかの確認をしたいとのことで受講いただきました。

まず滑りを拝見するとターン後半で少し外力をしっかりもらおうとするあまり少し角付けが強くなりスキーの回転が止まりがちになっていました。

前回のレッスン時により回転力を得るためにずれていくときでも姿勢を低くしてより外力をもらうということをお伝えしたのですが、今回はそれがちょっと外力とのバランスがとり切れずにターンしているという感じでした。

この点、Mさんもターンの後半でスキーの回転力が落ちている気がすると気づいていたので、プルークボーゲンのオレンジターンで確認してもらいました。

そしてターン後半にスキーを外側に押し出すのではなく、回り込んでくるスキー(オレンジ)を頭の下まで受け入れるようにしてもらいました。

この時の感覚としては増えてくる外力をいなすような感じになり、あまりスキーの回転力が増えてくるような感じがしません。

しかし、スキーを引き込むような感じでもスキーは回り続けてくれ、この感覚を感じ取ってもらいました。

そしてこの引き込んだスキーが体の下を通過した後、そのままの勢いで山側にまで移動してもらうことでターン前半からスキーが外力をもらい回転を始めるようになる動きに挑戦してもらいました。

この動きで外力とバランスをとれるようになるとスキーを外側に押し付ける動きがほぼなくなり非常に疲労感の少ない滑りとなります。

Mさんもこの感覚で滑れるようになり非常に軽いタッチながら切れのある滑りを披露していただけました!

シーズン終盤で雪が重たくなる時期ですが、そのような雪でも疲れにくい滑りの感覚をつかんでもらえました。

残りのシーズンもしっかりと楽しんで行ってくださいね!

Mさんレッスン受講ありがとうございました!

2023年3月18日(土)

天候:雪 気温 0℃  8:00 センターハウス前

積雪:60 cm

おはようございます!

昨晩から雪が降っており現在ベース付近のゲレンデには新雪が10㎝以上積もっています。

ベース付近の地面はほぼ消えて真っ白となりトップシーズンを思わせる景色となりました。

天気予報ではこのしっかりした降り方はお昼付近から少し弱まりだし夜に降りやみそうです。

トータルではベースで20cmほど、上部は40㎝ほどの積雪が期待できます!

ただ、気温が高い条件での降雪のため雪質は少し難しめで特に下部ゲレンデは難しめのコンディションとなりそうです。

新雪滑走を楽しむのであれば上部コースのが良いコンディションになると思われます。

シーズン最後に恵みの大雪がやってきてくれました。

シーズン最後の新雪滑走をお楽しみください!

オッキー

17/03/2023

今日から下部コースが再オープンです!

昨日は午前PVと午後PVの二レッスン3名を実施しました。

午前PVはTOK先生 ( http://olss.jpski.com/ ) の古いお客さんで先生亡き後も継続して受講していただいているAさんでした。

最近の滑走感覚をお聞きすると昨シーズンのレッスンが効いているとのことで、これをベースにより楽滑れるようになりたいとのことでした。

ということで、ターン後半に雪面とケンカしがちなところでスキーを押し込むのではなく、スキーに足元に戻ってきてもらう感覚をお伝えしました。

高速のターンや、より小さいターンをしようとする時に自分の調整範囲を超えると自然とスキーを押し出しがちです。

ただスキーを押し出すとスキーの回転は止まってしまい、スキーを回転させるというよりはスキーと雪面の抵抗を増やして落下スピードを止めるとという流れになりがちです。

その押し出しがちなタイミングでスキーを足元に引き込むようにすると、その間もスキーは回転を続けてくれ押し込まなくてもスキーがより回ってきてくれるようになります。

まずは低速でその動きを実施して、スキーが引き込んでもスキーが回り続けていることを体感してもらいました。

そして、それが感じ取れてからはより小さいターンを描けるようにターン前半からスキーに回ってきてもらえるような動きを紹介しました。

スキーを足元に引き込んだ後に回り込んできたそのスキーを体よりも山側に送り出してあげ、そこから足元にオレンジを感じ取るようにしてもらいました。

こうすることでターン前半からスキーが回転し、ターン後半ではターンが終わっているくらいになります。

これらの一連の動きで荒れだしてきたチャンピオンでも疲労感が少ない小回りまで披露していただけました!

そして午後PVは常連のYさんと、友人のKさんの2名でした。

お二人の希望はカービングターンということでした。

Yさんには以前にカービングターンの導入部分を紹介したのですが、Kさんは初めてということで今回もまずはカービングプルークターンからスタート。

カービングプルークターンとはいえ、初めてだとかなり難しいのでまずはスキーを下に向けた状態でカービングのポジションを作ってそのまま滑り落ちていくということを行ってもらいました。

このスキーがずれずにエッジの食い込みだけで落下していくという感じは慣れないと少し不安がありどうしてもスキーを動かしがちになってしまいます。

そのため緩斜面の樹海コースでこの感覚を少し練習してもらいスキーと一緒に落下していく感じをつかんでもらいました。

その後、斜度があるところでターン前半からカービングに入れるように回り込んできたスキーが体の下を通過して山側に抜けていく感じをずれのターンで実施してもらいました。

こうすることでターン前半からスキーをしっかりと角付けできるようになり前半からスキーが回ってきてくれるようになります。

この二つをある程度練習した後、チャンピオンで実践のターンを練習しました。

チャンピオンは少し斜度があるのですが、今回はかなりストップスノーとなり速度が出にくく恐怖感は多少少なかったと思います。

その中でKさんが良い感覚のターンを何回か披露してくれました!

ただ本人の感覚としてはまだ調整ができていないのでかなり不安感が高いとのことでした。

さすがに3時間で習得はハードルが高く、今回はある程度の導入でちょっとした感覚をつかんでいただければ十分です。

Yさんもチャンピンの急斜面で前半からの良い感じで雪面をとらえられた時がありました。

お二人とも、今後ドリル練習をして安定感を上げていってもらえればと思います!

Aさん、Yさん、Kさん、レッスン受講ありがとうございました!

オッキー

2023年3月17日(金)

天候:晴 気温 7℃  8:00 センターハウス前

積雪:60 cm

おはようございます!

うっすらとかすみがかかっているようにですが青空が広がる朝です。

日の出が早くなったのでスキー場の8時だとすでに気温が上昇していますが、ベース付近の雪は凍っており夜半には氷点下まで冷え込んだことが分かります。

本日より下部コースの営業を再開しますが、トレーニングバーンは雪不足のためクローズとさせていただきます。

また下りコースは立て水のう回路も雪不足のため閉鎖、ファミリー下部も下山用に1本圧雪斜面があるだけとなっています。

滑走に関して不安がある方はスカイライナーの下り乗車をお勧めします。

今日の天気予報は曇りの時間が多く夕方からは雨か雪が降ってきそうです。

営業中の気温は下部コースはかなり高くなりそうですが山頂付近は若干のプラス気温と予想されています。

今日も春スキーといった雰囲気になりそうですが、午前中はまだ硬めのコンディションを楽しめそうです!

変わりゆく雪質をお楽しみください!

オッキー

Photos from Okkyスノースクール's post 15/03/2023

先週の日曜日 3月12日はFeeling Ski School ( http://olss.jpski.com/ ) の創始者で私のスキーインストラクターの師匠である TOK先生の命日でした。

先生が亡くなってから今年で13年ですが月日が経つのは早いもので野麦峠スキー場でTOK先生と常設スクールを開始したのがついこの前のように感じられます。

今年の命日は日曜日ということもあり忙しくしていたのですが、受講してくれた生徒さんが昨年に続いて今年もお花を持ってきてくれ一緒に献花をしてきました。

そして翌日の月曜日はレッスンもなかったので一人で先生の散骨をした場所まで行きビールで献杯をしてきました。

献花をしてくれた生徒さんもそうですが、この13年の間にTOK先生を直接知らない生徒さんがほとんどとなりスクールの名前も変わり先生がなくなってからいろいろ変わったなぁ~と振り返っていました。

しかしこの1年だけでも未だにTOK先生から遺産やアドバイスが送られてきているように感じられることが多々あったなとも思いあたりました。

昨年の4月からはスキーショップで働きだしたり今シーズンは多くの他のスキー場に遠征する機会があったりと、どれもTOK先生との出会いがスタートとなり起こったことだなと。

その中でもここ数シーズンとても親しくさせていただいている生徒さんからはいろいろアドバイスをいただく機会がありました。

今は一人でスクールを運営するようになり少し軌道がおかしくなっても気づきにくいことが多いのですが、このようなアドバイスをいただいて自分で気づいたことが多々あります。

献杯をしているときに、これらのアドバイスももしかしたらこの生徒さんを通してTOK先生が伝えてきてくれているのかなとふっと思いました。

実績などほとんどない私が何とかスクールの運営を継続できているのも、こうやってTOK先生が”オッキー、まだまだだな!”と言いながらも支えてくれているのかなとちょっと心が強くなった時間でした。

オッキー

13/03/2023

明け方は雨でしたがさすがベースでの標高1400mの野麦、雪になってくれました!

昨日は午前PVと第4フレームの2レッスンを担当しました。

午前PVは常連のMさん、3月12日がTOK先生 ( http://olss.jpski.com/ ) の命日ということで早くから予約を入れての受講でした。

まずはレッスンに先立ちTOK先生の散骨をした場所まで移動して献花をしてきました。

レッスンのオーダーはコブ斜面の滑走。

ただ昨日の野麦のコブ斜面ユリワリゲレンデのこぶはかなり難易度が高く、整地で動作確認となりました。

ポイントはターン後半の圧力のやり取り。

整地での小回りでもターン後半に雪面とけんかする滑りをするとなかなか小回りが難しくなります。

これがコブ斜面となるとよりターンの継続が難しくなります。

そのためオレンジターンでターン後半に重力方向の真上まで自分の重心を持ってくるようにオレンジに体重を乗せてもらいました。

ある程度、スキーがまわってくれば、その回ってくるスキーが足元に入り込んでくる感じとなります。

低速でこの感覚をある程度つかんでもらったら、パラレルでも同様に回り込んでくるスキーを自分の足元に入ってきもらう感覚に挑戦してもらいました。

ただパラレルになると切り替え付近で谷側に体が落ちてしまいそうなバランスになるため、無理をせず可能な範囲での挑戦です。

そうすることで、スキーがより回り込んでくるようになりました。

急斜面や小回りでは自分が想定しているターンサイズよりも大きくなりがちでその時にスキーを外側に押しがちになります。

しかし押し込んでもスキーはあまり回ってこず、スキーを足元に戻してあげるほうがよりスキーが回ってきます。

昨日のゲレンデは荒れていたためバランス保持が難しく、この感覚に挑戦するにはハードルが高かったのですが、徐々にスキーが回り込んでくる感覚をつかんでもらいました。

そしてレッスン最後にユリワリのコブ斜面に入り下部のラインコブにてこの感覚のタイミングをコブの縁を使って確認してもらいました。

レッスン後も滑り込んでこの感覚を調整したようで良い感触をつかまれたとのことでした。

その後、第4フレームも常連のOさんでした。

午前中に受験したバッジテストを受けての、その振り返りということでの受講でした。

検定は緊張感などがありなかなか本来の力が発揮できないもので、Oさんもちょっともどかしい結果となったようです。

このような時に空回りした感覚のままだと、良い時の感覚に戻りにくくなるので、その空回りした感覚の部分が何だったのかをお聞きして、その感覚のずれの修正部分をお伝えしました。

Oさんは複数回受講されているので個別のイメージなどはお伝えするとすぐにできるので、なぜそのイメージが出てこなくなるのかにフォーカスしました。

するとポイントは午前のレッスンと同様にターン後半で自分が望むターンサイズよりも大きくなった時にスキーを外側に押し出してしまうことがポイントとなっていました。

そのため、お伝えした点も午前と同じくターン後半にスキーに足元に入ってきてもらう感覚でした。

この感覚をお伝えしてある程度こなしてもらったところ、15時を過ぎてコブ斜面になっていたラビットコースをまるで整地でのターンのような軌道で滑り降りてこれました。

その後は、再度、受験時の感覚を振り返りターン中盤の外力を利用した良い感覚を、今回紹介したターン後半の感覚につなげることで荒れた斜面でもスムーズなターンを描けるようになりました。

もともと外力を利用して滑る感覚は出来ているので少し感覚がずれてしまった後、半日もたたないうちに軌道修正でき充実したレッスン時間となりました!

お二人とも荒れたゲレンデでしたがレッスン受講ありがとうございました!

オッキー

2023年3月13日(月)

天候:雪 気温 2℃  8:00 センターハウス前

積雪:60 cm

おはようございます!

現在は粒の大きな雪がしっかりと降っている朝です。

明け方までベースはかなりの雨でしたが、7時くらいから雪に変わり現在も降り続いています。

上部コースは雪の時間が長かったようでまとまった積雪となっていそうです。

明け方までの雨により立て水から下のゲレンデコンディションが悪化したため本日は上部コースのみのオープンとさせていただき、戻り時はライナー乗車にてお願いいたします。

予報では午前中は現在のようなしっかりとした降り方が続きそうで午後からは少し小降りになってきそうです。

ベースから見るゲレンデは一面真っ白となっていますが、ぎりぎりの温度での降雪のため一度地面が出たところへの積雪は少しハードルが高いです。

ただ今晩、それなりの冷え込みがあるのでそれにより積もった雪が締まってくれるとある程度ゲレンデに定着してくれると思います。

今回もぎりぎりでの降雪となっており標高の高さの大切さを感じております。

オッキー

12/03/2023

今日は晴れのち曇りの予報ですが気温はまた高くなりそうで、春雪を満喫できそうです。

昨日は常連のYさんの紹介で新規受講のIさんとMさんの1日PVレッスンでした。

レッスンの開始時にお二人の滑りを確認するとバランスはとれていますが、少しターンが浅い感じがしました。

お二人とも Feeling Ski ( http://olss.jpski.com/ ) 初受講ということでまずはオレンジターンで外力を使ってスキーが回ってくる動きを体感してもらました。

ただ今までのしっかり筋力を使う動きとの差が激しく、なかなかしっくりとこないようでした。

その中で少し荒れだしたチャンピオンなどの急斜面でもスキーがしっかりと回ってきてくれるのを徐々に実感してもらいました。

この感覚を繰り返しお伝えして、徐々に自分が筋力を使わなくても外力を使えば簡単にスキーが回ってきてくれる感じを理解してもらいました。

そしてターン後半スキーが回ってくるのに合わせてしっかり体を小さくしていく意識をもってもらいました。

これは高い姿勢のままだとどうしてもスキーを外に押し出してしまいがちになるし、小さくなるのことで押し出すのではなく外力に対して耐える力の使い方になるからです。

この意識を持つことでターン後半にスキーを外側に押し出せなくなり、また小さくなることでよりスキーが回り込んできてくれるようになりました。

1日レッスンということで午後の時間帯はかなりゲレンデが荒れた状態になったのですが、これらの感覚を使って外力にあらがわない流れるようなターンをお二人とも披露していただけました。

春の難しい雪の中1日お付き合いいただきありがとうございました!

また、来シーズンもご一緒できる機会を楽しみしています!

オッキー

2023年3月12日(日)

天候:曇 気温 2℃  8:00 センターハウス前

積雪:65 cm

おはようございます!

今日は上空の高いところに霞のような雲がかかっている朝です。

現在はプラス気温となっていますが、夜は氷点下まで冷え込んだようでベース付近の雪はしっかりと固まっています。

ただ、昨日に融雪によりトレーニングバーンはクローズとさせていただきます。

天気予報では今日の暖かい日となりそうで、朝一の締まったバーンも早い時間帯に緩み始めそうです。

下部ゲレンデの雪はトレーニングバーンだけでなく雪の薄いところが多々ありますがパノラマより上部はまだしっかりと雪があります。

雪質の変化は多い一日となりそうですが、春のコンディションを楽しんで行ってください!

オッキー

05/03/2023

今日は少し薄曇りのスタートとなりました。気温が今日も上がってきそうなので日差しが少ないのはゲレンデとってよさそうですね。

昨日は毎シーズン2回受講していただいているオリエンテーリングクラブの皆様に受講いただきました。

午前中はシニア男性2名と、午後からはシニアの男女1名ずつのレッスンでした。

午前のお二人はコブ滑走目標ということでしたがユリワリのコブはすこし難易度が高いので整地でコブにつながる小回りを紹介しました。

コブ斜面ではターン後半の圧力の処理が問題となることが多いです。

そのためターン後半でスキーと雪面からの圧力を止めるのではなく回ってくるスキーに体の下に入ってきてもらうようにしてもらいました。

急斜面やターンサイズを小さくするときはどうしても外圧が大きくなりがちで、ついついこの圧力とけんかしがちですが、けんかするのではなく足元に受け入れるようにしてあげることでスキーがしっかりと回ってきてくれます。

コブ斜面でもコブを超えるときにスキーを押し出すのではなく須回ってくるスキーを足元に入ってきもらうようにすることで次のコブにも入れるようになります。

お二人にも整地でこの感覚を紹介してスキーがしっかりと回ってきてくれるようになりました。

その後は直滑降横滑りをターン前半からしてもらいターンの早い段階からスキーが回ってきてくれるようにしました。

これでターン後半にはある程度ターンが終わっているためよりターン後半でスキーを足元に入ってきてもらいやすくなりました。

今回は整地のみでのレッスンとばりましたが、レッスン最後は立て水の急斜面でも雪とけんかしない小回りを披露していただけました。

午後からのお二人のうちお一人は Feeling Ski ( http://olss.jpski.com/ ) 初受講ということでまずはオレンジターンの紹介。

ただちょっと感覚がつかみにくかったようでなかなかうまくいきませんでした。

そこでオレンジを意識した横滑りを紹介して横滑り意識でのターンを紹介したところ、少し感覚をつかんでいただけました。

その後は横滑り時のオレンジへの荷重を調整することでターンサイズが変わることを確認してもらい、ターン後半にスキーを止めなくてもターンができる感覚をつかんでまらえました。

そして立て水の急斜面で、切り替えの時に重力方向にまっすぐ立つ感覚を紹介し圧力が大きくなる急斜面でも雪とけんかせずにズレ落ちていけばスキーが回ってきてくれる感じをつかんでもらいました。

そして最後はその回ってきたそのスキーの勢いを止めずにターン前半につなげる動きもできるようになり雪が溶けて荒れていたトレーニングバーンを軽快に滑り降りていただけました!

皆さん、ご受講ありがとうございました!

オッキー

2023年3月5日(日)

天候:晴 気温 -7℃  8:00 センターハウス前

積雪:80 ㎝

おはようございます!

今日は高いところに雲がかかっていますが青空も見えており天気としては晴れといった感じです。

昨日は1日良いお天気で日差しにも恵まれ気持ちよく1日滑れました。

ただお天気が良い分日差しも強くごごからは上部コースでも少し雪が緩んでしまいました。

そして昨晩の冷え込みにより本日のゲレンデコンディションはこの緩んだところが少し硬めの条件になっていると思われます。

午後からは少し気温が上がってきそうでお昼付近からはこの硬めのコンディションも緩み始めると思います。

本日の天気予報は晴れのち曇りと下り坂で、営業終了間際には雪がちらつき始めるかもしれません。

今日は午前と午後で違うコンディションを楽しめそうですね!

オッキー

03/03/2023

3月に入りましたが野麦はまだまだ良いコンディションを継続しています。
今日は晴天にも恵まれてスキー日和となりそうです。

一昨日は今シーズン3回目となる常連のOさんに1日PVを受講いただきました。

前回のレッスンでかなり良い感覚をつかんだようで、その感覚のワンランクアップを目指しました。

今までの受講でオレンジへの荷重やオレンジを絞るなどのイメージでスキーへの重心キープや荷重方法はしっかり習得できました。

次のステップとしてより大きな圧が来た時に対応できるように角付けの意識をプラスしていきました。

今までのオレンジ意識の中でも角付けの感覚は含まれていたのですが、より大きな圧や小さなターンになると角付けの意識があるほうがより効率的になります。

ということで、直滑降から横滑りを少し早いスピードでより短く止まる練習をしてもらいました。

この感覚の時にある程度、傾きが出ることを実感してもらい重心をキープしながら角付けをしていく感覚をつかんでもらいました。

その後はターン後半にスキーが回り込んできた勢いそのままにターンの外側に送っていくことで自然と次のターンの角付けができることを体感してもらいました。

その後は新雪が降り積もった峰の原ゲレンデに挑戦したのですが、急斜面の新雪滑走ということで大きな圧が不均等になりがちなのですが、角付けの意識が加わったことで大きな圧でも調整できるようになりシュプールが多数入った急斜面の新雪斜面で安定したターンを披露していただきました。

オレンジターンで荷重の基本ができていたおかげで角付けの感覚をすぐに習得することができました!

Oさんレッスン受講ありがとうございました!

オッキー

2023年3月4日(土)

天候:晴 気温 -7℃  8:00 センターハウス前

積雪:80 ㎝

おはようございます!

今日も最高の天気で気持ちのよい青空が広がっています。

ベースの雪は少し溶けて昨晩の冷え込みで硬くなっている状況です。

しかし昨夕でもトレバン上部付近は良い雪のままだったので今日もほぼ全面トップシーズン並みの状況で滑れると思います!

本日の天気予報はごごから多少雲は出てきそうですが基本的に一日晴れとなりそうで、最高のスキー、ボード日和となりそうです。

3月に入り時期的には春スキーとなりますが、標高が高い野麦はまだまだトップシーズンと同じように楽しめそうです!

今日も皆さん、しっかりと楽しんで行ってください!

オッキー

JAPAN OPEN CENTRAL CUP OFFICIAL ANNOUNCE 03/03/2023

今回は来期モデルスキーやブーツの試乗会のお知らせです。

今シーズンもすでに2か月半が経過しましたがスキーやブーツについて相談を受けることが良くあります。

私の知っている範囲でいろいろ紹介をしていますが、実際に試乗してみるとその感覚も体感できます。

しかしなかなか試乗する機会は多くないので、興味がある方はこのイベントをチェックしてみてください!

場所:ほうのき平スキー場
日程:3月18日(土)、3月19日(日)

詳細は以下のリンクからご確認ください

https://syro.jp/jocc/?fbclid=IwAR3HEruCYwz5H9-X_bzF2gwf2HHJ6BELRWTVsMe1TXpgwD5ZhAG2reqIRIA

オッキー

JAPAN OPEN CENTRAL CUP OFFICIAL ANNOUNCE お知らせ・最新情報 3月18日(土)~19日(日)2日間開催   【場所】スキー:アルペンコース(大回転競技会場)のゴールエリア    ブーツ:EBiSU(えびす)1階 【時間】9時~15時(最終貸出14時20分)【料金】2,500.....

27/02/2023

今日は良いお天気で、気温もぐんぐん上昇し午後は春スキーのような条件でスキーを楽しめました!

昨日は午前PVでSさん、午後PVでMさんのレッスンでした。

午前PVのSさんは今シーズン2回目の受講で、前回の良い感じで滑れているが、その確認での受講となりました。

滑りを拝見したところ、良い感覚で滑られていましたが、少しターン後半でスキーを押し出す動きがありました。

そのためある程度以上の外力がかかるところでは少しターンがつまりがちになったり小回りも少し窮屈な感じになっていました。

そのため、緩斜面のオレンジターンで自分が押しているのか、体重を乗せているのかの違いを感じ分けてもらいました。

その後、チャンピオンなどの急斜面で再度挑戦してみるも、ある程度以上の外圧がかかるとどうしても押しがちになってしまいます。

そのため、ターン内側の手で風を感じるターンを紹介し、その時に外腰の股関節がしっかりと絞れているかの確認をしてもらいました。

すると徐々に外力を受けて自然にスキーが回る感覚が出始め急斜面でもストレスない小回りを描けるようになりました。

ただ、まだ強く意識していないとすぐ元の感じに戻ってしまうので、今後は今回の感覚をもって無意識下の運動になるまで継続してもらうと良い感じになっていきますとお話をして終了となりました。

午後からのMさんは不整地の希望でした。

ただ野麦の不整地はあまりバリエーションがないのでまず今日のコンディションがどれくらいか確認するために一緒にユリワリコースに行ってみました。

コンディション的には硬くて少し深めのコブとなっており恐怖心がどうしても出てしまいなかなかレッスンをするとなると良い条件ではなかったので簡単にコブ滑走中のタイミングなどを紹介しました。

その後は、コブにつながる小回りということでより効率的に、そしてよりターンの早い段階から外力をもらうという点にポイントを置いて整地にて小回りのトレーニングをしました。

そのために、直滑降から横滑りでいかに角付けだけでなく、荷重で横滑りをするかの感覚をつかんでもらい、その感覚をターンにつなげてもらいました。

この感覚をターンの前半に使ってもらうということを紹介したのですがこの点がうまくマッチしたようでその後はエキスパートや峰の原のアイスバーンに近い急斜面でも軽快な小回りを披露してくれました!

Mさん本人も今回の小回りはワンランク上の滑りになったと自覚できたようで充実したレッスンとなりました!

お二人ともご受講ありがとうございました!

オッキー

2023年2月27日(月)

天候:快晴 気温 -12℃  8:00 センターハウス前

積雪:85㎝

おはようございます!

昨日に続き今日も雲一つない青空となりました!

気温も低く空気がピリッとして身が引き締まる感じがします。

この低温ですが放射冷却のためで日中はぐっと暖かくなりベースではプラス気温となりそうです。

そのためゲレンデは下部を中心に少し緩んでくるところが出てきそうです。

2月も残すところあと2日となり徐々に春の訪れが感じられるようになりましたね。

とはいえまだ今シーズンの残りの営業期間は4週間あります。

上部コースにはまだまだしっかりと雪があり残りの期間もしっかりと楽しめそうです!

オッキー

25/02/2023

今日は1日、良いお天気となりそうで気持ちよく滑れそうです!

昨日はEさんファミリー4名との1日レッスンでした。

皆さん、当スクール初受講ということでしたがとても皆さんお上手で最初から充実した1日になりそうな感じでした。

お父さん、お父さんのお姉さん、Sくん、Tくんの4名でした。

皆さんお上手ながら最初のラビットの滑走ではちょっと疲れてしまいそうな感じの滑りをされていました。

またコースの後半になるとスピードがのりちょっとターン弧が浅めになりがちでした。

初受講ということもありまずはオレンジターンで外力を利用したターンの基本を体感してもらい、自分から働きかけなくてもスキーが回ってきてくれるということを知ってもらいました。

その後、オレンジを絞ることでよりスキーが回ってくるようになることも紹介し、これらを調整して自分が狙っているターンサイズになることを体験してもらいました。

この中でSくんとTくんが急斜面でも深いターン弧を描けるようになりだし、スピードが出ていてもそれほど不安感がない滑りとなっていきました。

その後、オレンジを意識した横滑りでずれのコントロールも向上し、皆さんのターン中の安定感も上がっていきました。

その後、この横滑りをターン前半から意識することで、お父さんと、お父さんのお姉さんもターン前半からスキーが回り始めるようになりターン後半でタイミングがあったときはスキーの走りが出るようになってきました。

特にお姉さんは昔1級を取得していただけあって急斜面でもリズムある小回りを披露していただきました。

今日も他のスキー場で滑走されるとのことで、昨日の感覚を使って今日もしっかりと楽しんできてくださいね!

皆さんご受講ありがとうございました!

オッキー

2023年2月26日(日)

天候:快晴 気温 -12℃  8:00 センターハウス前

積雪:85㎝

おはようございます!

今日は雲一つない青空となり気持ちの良い朝です!

放射冷却のおかげで少し冷え込んだ朝となっていますが日中は日差しのおかげで暖かさを感じるくらいになるでしょう。

ただ気温自体は低めのままでゲレンデの雪は緩むことなく締まったままとなりそうです。

本日はトレーニングバーンで終日、エンジョイパラレルスラロームが開催されます。

希望者は簡単な登録だけでポールコースを滑走できますので興味がある方はぜひ参加してみてください!

2月の最終休日となりましたが皆さん怪我などに気を付けて思いっきり楽しんで行ってください!

オッキー

24/02/2023

ここ数日、野麦らしいしっかりしたゲレンデ状況が続いていますね。
今日も良い感じ楽しめそうです!

昨日は第2フレームでAご夫妻のレッスンを実施しました。

旦那さんのMさんは数日前に1年ぶりのスキーということで昨年のレッスンを思い出しながら奥様のKさんは昨年の良い感じを残してシーズン経過中とのことでした。

まず滑りを確認するとお二人ともターン後半は雪との会話を心掛けており良い感じでの滑走でした。

ただ少し圧が少しターン後半に集中しすぎててもう少し前半からやり取りできると良い感じになりそうでした。

ということで緩斜面のオレンジターンでターン前半からスキーが回ってくる感じをつかんでもらいました。

この感覚はターン前半からオレンジを絞る感覚があればつかめるのでもともとオレンジが少し絞れているボーゲンでのオレンジターンだと、この感覚がつかみやすいです。

ただこれがパラレルになると突然、ターン前半でのオレンジ絞りが難しくなるのでこの部分で少し時間をかけて紹介させてもらいました。

この感覚をつかんでもらうために直滑降から横滑りブーツをのぞきこむなどいろいろ試してもらい徐々にターン前半からスキーが回ってくる感じが出てきました。

その後はターン後半で外圧が強くなってくるのに合わせてオレンジに重みを乗せるようにするとターン後半でスキーがシュッと走ってくる感じも出てきました。

特に旦那さんのMさんはこの感覚がかなり取り込めたようでスキーの走りという感覚が分かってきたとのことでした!

1.5hの短いレッスンでしたが、レッスン後もお二人でこの感覚のドリル練習をされていました。

今回の感覚で今後もスキー楽しんで行ってくださいね!

レッスン受講ありがとうございました!

オッキー

2023年2月25日(土)

天候:晴 気温 -8℃  8:00 センターハウス前

積雪:85㎝

おはようございます!

今日は青空が見えている朝となりました。

昨晩は少し雪が降ったようで道路にはうっすらと雪が積もっています。

天気予報では終日、曇か小雪だったのですが現在は晴れ間が出ています。

風もそれほど強くない1日となりそうですがこの北風に乗って時折小雪がちらつきそうです。

今朝の冷え込みは徐々に緩んでくるでしょうがスキー場上部は冷え込んだままとなりそうです。

この気温のためゲレンデは良い条件をキープしてくれそうで整地コースは1日楽しめそうです。

オフピステコースは硬めのところが多く少し難易度が高くなりそうです。

今日は整地コースで高速ターンがお勧めとなりそうです。

皆さん怪我などに気を付けてお楽しみください!

オッキー

Photos from Okkyスノースクール's post 24/02/2023

シーズンも中盤から終盤に入りましたがGWが終わってからもまだまだスキー関連のツアーがあります。

昨年も立山で4日間のツアーを開催しましたが、今年も同じように立山BCスキーツアーをフェロースキーにて開催します。

https://www.fellow-travel.co.jp/ski/packageplan/dom_pkg020.html

興味がある方は遠慮なくお問い合わせください!

オッキー

24/02/2023

今日は薄曇りですが気温はぎりぎり氷点下をキープしそうでゲレンデコンディションはキープされそうですね。

昨日は今シーズン3回目受講のKさんの1日PVでした。

前回の受講から一月ほどあき少し感覚が薄れてきたとのことで受講いただきました。

滑りを拝見すると少しターン後半に圧が集中するようになり、あた大きな圧が来た時はちょっと押し出しがちな動きになっていました。

ということでまずオレンジターンでターン前半からオレンジに体重を乗せる動きを確認してもらいました。

ただ体重を乗せる動きと、押し出す動きが少しあやふやな感じでちょっとスピードが出ると不安定になりがちでした。

そのため樹海コースの緩斜面でこの違いの確認を少し時間をかけて行いその時のスキーの動きに集中してもらいました。

この感覚を少しつかみ始めたところで直滑降から横滑りで切り替えからターン前半で圧をもらい始めるところの感覚を紹介しました。

直滑降からの横滑りは横滑り時にスキーが前に流れがちなのですが、オレンジを絞る感覚で真横にキープできるようになりました。

そして、この感覚でターン前半のタイミングを合わせて横滑りに入るようにしてもらいスキーを自分で動かす感じがなく外力を利用したターンを披露してもらえるようになりました。

ただ時折まだスキーが動き出すまで待てないときがありますが、その時にスキーが不安定な感じは自分でわかるようになってきたので、この先はスキーの動きに集中しながら滑っていけばより洗練されていけると思います!

Kさん、ご受講ありがとうございました!

オッキー

最初は少し待てずに自分からスキーを動かして横滑りに入っていましたが、スキーが横滑りに

2023年2月24日(金)

天候:曇 気温 -3℃  8:00 センターハウス前

積雪:85㎝

おはようございます!

今日は薄曇りのスタートです。

上空が雲で覆われているため放射冷却はなく比較的暖かめの気温となっています。

天気予報では午前中はこのまま少しづつ気温が上がりそうですがお昼過ぎからは徐々に気温が下がりだし雪がちらつきだしそうです。

昨日のゲレンデコンディションは予想していた以上に雪が降りグリップしやすい柔らかい感触となりました。

ただ祝日ということで多くの方が来場され午後からは少し雪の吹き溜まりができ少しトリッキーな感じの雪面状況となりました。

本日のゲレンデは昨晩の圧雪によりベースがしっかりとし表面がしっかりとグリップする良い要件が続きそうです。

その条件に午後からの雪で明日からの週末に向けては良い条件が整っていきそうです。

2月も残り少なくなってきましたが皆さんしっかりと楽しんで行ってください!

オッキー

13/02/2023

2月12日の日曜日は午前PVで4名、午後PVで1名の合計2組5名様に受講いただきました。

午前PVは二家族のお母さんと娘さんの合計4名。

まずはYちゃんとEちゃんの二人でレッスンスタートしました。

Yちゃんは毎年受講してくれているのである程度のレベルはわかっていましたが、Eちゃんが今回初めての受講でバンビゲレンデで滑りを確認。

Eちゃんはとても素直でもう少し斜度があっても問題なさそうだったのですぐにファミリーゲレンデに移動してオレンジターンを紹介しました。

もともと素直な滑りだったのでオレンジターンもすぐに感覚をつかみ、硬さを変えたり絞ってみたりといろいろなバリエーションに挑戦しました。

そしてオレンジを意識した横滑りを紹介しているところで二人のお母さんも合流しここからは4名となりにぎやかな雰囲気になりました。

また横滑りのタイミングでの合流となり、タイミングもちょうどよいところでした。

というのも、YちゃんとYちゃんのお母さんは何回もレッスン受講してもらっているのですがターン後半になると少しスキーを押し出してしまう傾向があり復習を兼ねての再確認が必要だったからです。

今回、初受講のEちゃんとEちゃんのお母さんもターンの後半スキーにぐっと力をかけてターンする感じでしたが、スキーがずれながら落下していくような感じのがよりスキーが回ってきてくれる感じをつかんでもらいより楽にターンができるようになりました。

これで全員スキーのターン弧を深くすることでターンスピードをコントロールできるようになったのでスキー場の最上部まで行くことにしました。

山頂からのラビットコースは少し荒れていましたが、こんな急斜面は初めてのEちゃんも全く問題なく滑り降りてくることができました!

その後は樹海コースでオレンジを絞る感覚を少し発展させてシュテムターンを紹介し峰の原下部の緩斜面ではSちゃんだけなくEちゃんもスキーがそろってパラレルになるタイミングが増えてきました!

そしてレストハウス樹海まで時間終了となりましたがレッスン後も全員で問題なく立て水の急斜面も降りてこれました!(^^)v

皆さん、レッスン受講ありがとうございました!

午後は常連のMさんにコブ滑走入門をテーマに半日PVでした。

コブ滑走のポイントはターン後半にコブとけんかせずに乗り越えることです。

そのポイントとなる部分をつかんでもらうために、まず最初からユリワリのコブ斜面に入ってもらいコブのどの局面で何が起きているのかを体感してもらいました。

そして、そのコブを超えるときのポイントとして切り替えでスキーを後方に引く感じを紹介し整地(といってもかなり荒れていた斜面で軽いコブ斜面になっていましたが)で挑戦してもらいました。

ただ引く感じがあまりマッチしないようで伸びあがる感じに変更し感覚をつかんでもらいました。

ただ伸びあがるだけだとただ落下していく感じで足元に圧力管が少なく不安感が残ります。

そこでターン前半から圧力をもらえるように外向の要素を加えていくのですが、切り替え後の次のターン開始時に外腰が後ろから引っ張られるような感じで伸びあがってもらうようにしました。

これで落下しながらも足元に抵抗をもらえるようになり落下していく不安感も大きく減りました。

今回もそうですが今まで全くやっていなかった動きなどに挑戦するときは感覚だけではその壁を超えるのが難しいことが多く、そのようなときはフォームからのアプローチの効果が大きいなと再確認しました。

この感覚をつかんでからはかなり荒れだした斜面をコブに見立てて様々な斜面状況に合わせてこの動きを調整して滑ってもらいましたが、この過程で今までターン後半に少しスキーを押し出して回ろうとしていた動きが改善され効率的に外力を使ってターンできるようになりました。

荒れ具合が少ない斜面では全くの整地のようなターンを披露していただき、今回のレッスンが大きなワンステップとなったと感じられる時間となりました。

このようなタイミングを一緒に雪上で過ごせたことがとても楽しくなるレッスンとなりました。

Mさん、レッスン受講&楽しい時間をありがとうございました!

オッキー

2023年2月13日(月)

天候:曇 気温 1℃  8:00 センターハウス前

積雪:90㎝

おはようございます!

どんよりとして雲に覆われた生暖かい空気の朝です。

今日の予報では雨、雪か雪が降り続けそうで、スキー場ベース付近が雨と雪の境界となりそうです。

ゲレンデは昨日の気温上昇で緩み昨晩圧雪が入っていますが下部を中心にしっとりとした感じのコンディションとなっています。

この先の予報では今晩から冷え込みが来るようでこの湿った雪が一気に締まることで明日以降は少し硬めのゲレンデが想定されます。

柔らかいコンディションを楽しみたい方は今日までとなりそうです。

今日も皆さん1日楽しんで行ってください!

オッキー

13/02/2023

2月11日の土曜日は午前PVと午後PVで二組4名の方に受講いただきました。

午前PVはBCスキーも楽しまれているTご夫妻で今回はBCでより楽しめるようにとの受講でした。

ゲレンデコンディションは前日からの降雪でどこも未圧雪のような状況でBCを想定してのレッスンとしては最高の条件でした。

このような雪の時は自分からスキーを動かそうとしても雪が引っかかりがちで思うようにターンできないことが多いです。

そのために落下するときに雪面からもらう外力を利用する必要がありますが、しっかり整地されたところと比べてより効率的に圧をもらう必要があります。

このより効率的な部分とはターン前半となることが多いです。

ターン前半はバランス的に不安定なためスキーを動かして回してしまいがちですが、この不安定な局面から外力をもらってターンできるようになることが、不安定な雪面では重要となってきます。

そしてこの局面から外力をもらうためにはスキーを動かす動きとは逆となる感覚があり、この矛盾するところをいかにつかんでもらうかがポイントとなります。

今回はこのポイントをつかむためにターン内側の手のひらで風を感じてもらう意識で滑ってもらいました。

こうすることでターン前半に上半身を内側にひねってスキーを回しこもうとする動きが出なくなり、自然な外向が出やすくなります。

この感覚でお二人にはまったようで、旦那さんのSさんは前日から圧雪が入っていないかなり荒れた斜面でも整地のように滑り降りるようになり、奥さんのHさんは無意識のうちに出ていたターン前半の体の回しこみが全くでなくなりました。

最後は荒れた立て水の急斜面でお二人とも安定したターンを披露していただけました。

そして午後からは常連のOさんと息子さんのKくんでした。

レッスンの目標としてはKくんのバッチテストの3級合格。

3級の種目はシュテムターンと基礎パラレルターンでまずはオレンジターンで現状を確認しました。

するとKくんは中斜面くらいまでならもうほぼパラレルになっており現時点でも合格できるんじゃないかなという感じでした。

基本確認を終えた後、まずはシュテムターンからスタートです。

シュテムターンは足を開きだしてボーゲンを作ってターン中にパラレルにするというものですが、なぜ足を開きだしてボーゲンを作る必要があるのかを伝えながらの説明からスタート。

ボーゲンを作ることでターン前半から外力をもらいやすくなりターン前半から自然と落下するだけで勝手にスキーがターンしてくれやすくなるのがシュテムターンのポイントとなります。

そしてパラレルになるところは外スキーのオレンジを絞ることでより大きな外力をもらい、うち足が軽くなることで自然にそろってくる感じもすぐにマスター!

その後は基礎パラレルへと進みましたが切り替え以外は基本的に同じです。

その切り替えですがスキーを開きだして外向を作るのではなく上半身を少し外側にひねって外向を作ることでパラレルのまま外力をもらう方向を変えることができます。

この部分も徐々に感覚をつかんでいき、荒れた急斜面でもシュテムターンやパラレルターンができるようになりました。

最後はあれにあれたラビットコースを滑ってきたのですが、そこでもほぼバランスを崩さずに滑り降りてきてKくんのポテンシャルの高さを感じさせてくれました!

Tご夫妻、Oさん、Kくん、レッスン受講ありがとうございました!

オッキー

この部分もオレンジターンと同じように滑ることですぐにコツをつかみ、

2023年2月12日(日)

天候:曇 気温 -1℃  8:00 センターハウス前

積雪:95㎝

おはようございます!

少し雲が多めですがところどころ青空が見えています。

天気予報ではこの雲も徐々に少なくなりお昼付近は太陽の日差しの下、滑走を楽しめそうです。

ただ気温は上昇してきそうで雪質も下部から中腹にかけては春雪の状態になることが想定されます。

今日は様々なゲレンデコンディションを楽しめそうです!

また本日はトレーニングバーンで9時30分~15時で「Enjoy Parallel Slalom」が開催されます。

雪場でターンができる方なら、誰でも無料でご参加頂けます!

皆さん今日も楽しんで行ってください!

オッキー

13/02/2023

先週金曜日から昨日の日曜日までは多くの方にレッスンの申し込みをいただき忙しく過ごしていました。

この金曜日からのレッスンを振り返っていきたいと思います。

金曜日は常連のNさん、Ouさん、Ohさんの3名に1日PVを受講いただきました。

レッスンオーダーはカービングターンで、ある程度のところまで来たら再度検討しましょうということで開始しました。

まずはそれぞれが思うところのカービングターンを実施してもらい、その感想を確認。

やはり皆さん、かなり力強い感じを想定しているようで角付けと荷重に力を入れている感じでした。

そこでまずは樹海コースの緩斜面で上半身を少し内向させて外足を絞り込むようにしてスキーを角付けするポジションをつくってもらい、そのままただ落下してもらいました。

最初はなかなか不安感があり途中で押し出したりしてしまうのですが、徐々にただ落ちていくだけでもスキーが回ってくる感じをつかんでもらいました。

その後は落下し続けることで外力が増えそれに合わせて外足を絞り込みより角付けを強めて外力に合わせていく動きにしていきました。

その後、時折その感覚が現れるようになったところで雪の降りが強くなりだしたのもありお昼休憩となりました。

午後からは雪が積もり雪面状況があまりカービングターンには向かなくなってきたので落下しながら外力を利用するターンに変更。

レッスンのポイントとしてはターン前半からいかに外向で外力とのやり取りができるかで、踏むこむと逃げてしまう外力を利用するという点ではとても良いコンディションとなりました。

この中でOhさんが降り積もる雪でぼこぼこになったゲレンデをものともせず流れるような滑りとなり、見惚れてしまうような雪面とのやり取りの滑りを披露してくれました。

その後、午前中のカービングターンと午後からのベーシックターン、どちらも踏み込むのではなく外力を利用してターンすることや、カービングターンの時に上半身が内向するけど下半身では外向をしており、この外向を調整して外力を利用している点などを紹介して1日が終了となりました。

なかなかハードな雪質でしたが良い磨き砂になったと思います!

皆さん、ご受講ありがとうございました!

オッキー

あなたの事業をジム/スポーツ施設のトップリストMatsumoto-shiにしたいですか?

ここをクリックしてあなたのスポンサー付きリスティングを獲得。

場所

電話番号

住所


松本市奈川1173/13
Matsumoto-shi, Nagano
3901611

Sports & Recreationのその他Matsumoto-shi (すべて表示)
並柳ゴルフガーデン 並柳ゴルフガーデン
長野県松本市並柳1丁目1ー1
Matsumoto-shi, 3900825

2021年4月1日より運営会社が塩嶺CCグループとなり、「松本中央ゴルフセン?

美ヶ原高原ロングトレイルツアー 美ヶ原高原ロングトレイルツアー
大手3-8/13
Matsumoto-shi, 390-0874

コースを熟知したガイドランナーと一緒に、美ヶ原高原ロングトレイルを?

マージャン屋さん 松本駅前店 マージャン屋さん 松本駅前店
中央1丁目4/14
Matsumoto-shi, 390-0811

元気でアットホームなフリー麻雀 マージャン屋さん 松本駅前店!初めて?

レアルスポーツ Real Sports レアルスポーツ Real Sports
石芝3-3/1
Matsumoto-shi, 399-0007

長野県松本市のサッカー、フットサルの専門店レアルスポーツのFacebookペ?

F.C.Matsumoto F.C.Matsumoto
Matsumoto-shi

社会人サッカーチーム The official account of F.C.Matsumoto. 『人生に生きがいと?

松本ロゲイニング2015Spring Stage 松本ロゲイニング2015Spring Stage
Matsumoto-shi

「松本ロゲイニング2015 Spring Stage」は、長野県松本市四賀地区で2015年3月に開催いたしますロゲイニング大会です。

松本ロゲイニング 松本ロゲイニング
大手3-8/13
Matsumoto-shi

長野県松本市で行われるロゲイニング大会のページです。

ツール・ド・美ヶ原高原自転車レース大会 ツール・ド・美ヶ原高原自転車レース大会
浅間温泉2-6-1 温泉文化センター(事務局)
Matsumoto-shi, 390-0303

長野県松本市の浅間温泉から美ヶ原高原までの全長21.6km、標高差1.270m、平均勾配5.9%のコースを自転車で駆け上がるヒルクライムレースです。

三城いこいの広場 オートキャンプ場 三城いこいの広場 オートキャンプ場
大字入山辺8961
Matsumoto-shi, 3900222